お酒を飲むと脇汗が増える?

脇汗

 

ビールが大好きで、いつもつい飲みすぎてしまう私ですが、

 

ビールを飲み過ぎた次の日って、脇汗が多いと前から思っていました。

 

 

 

気になって調べたところ、お酒と脇汗は関係していたのです。

 

ビールに限ったことではなく、アルコール類ならどのお酒もワキ汗に関係しています。

 

 

 

お酒が脇汗が増えるという検証結果もあります。

 

これはなぜなのなのでしょうか。

 

気になったので調べてみました。

 

お酒と汗の関係

 

脇汗

 

お酒を飲むことによって、血圧が上がります。

 

交換神経が刺激されて働きが強まり、血管も広がります。

 

皮脂の量も増えて、毛穴も開きやすくなります。

 

 

 

また、体温も上昇しますので、汗が分泌されやすい状態になるんです。

 

これは脇汗に限ったことではなく、身体全体の汗に作用します。

 

脇汗が多いと感じてる場合は、身体全体での汗の量も多いんです。

 

 

 

二日酔いのとき脇汗は?

 

脇汗

 

二日酔いの時も汗がたくさん出ますね。

 

アルコール成分は体内でからアセトアルデヒドという成分に変化します。

 

このアセトアルデヒドは体温を司る中枢神経に作用し、発汗を促すのです。

 

 

習慣的なお酒は脇汗の大敵?

 

習慣的に飲酒は汗の量も増加させます。

 

勘違いしてはいけないのが、液体をたくさん飲んでいるから..ではない、ということです。

 

その理由とはアルコールが自律神経の働きを不安定にさせるからです。

 

 

自律神経に変調を来たしてしまうと、汗の量も多くなり、結末として脇汗の量も増大してしまうんです。

 

 

さらにアルコールは汗腺の働きも増進させるので、汗のニオイも強くさせます。

 

これが脇汗の不快なニオイが生じる原因になるんです。

 

 

脇汗対策はやっぱりこれに落ち着いてます→デトランスαの紹介ページ。